ドロップシッピングに挑戦中!

これでいいのか? APIのお店

スポンサードリンク

APIのお店は1店舗を除き専門店で展開しています、

なのに!

専門外の商品が売れてしまいます。

一部のお店ではインデックスを増やすために、関連タグ等を表示しているから

ある程度のカテゴリーの商品に手が広まってはいるのですが。

最近の例ではドライヤー屋でAV機器、お茶屋さんでベッド、、、

どこで、どう回って、ここまで手が広まったのか?

特にお茶屋さんは狙ったキーワードで上位表示し始めたので今後を期待していた矢先に、「ベッド」が売れました。

売れた事自体は嬉しいのですが、これでは専門店とは呼べませんよね。

このまま行くとサイト自体の専門店としての評価が下がって狙ったキーワードでの検索結果に悪い影響がでるかも。

ある程度のインデックスが完了したら不要なタグは外さないと、、です。

しかし、お茶屋さんには関連タグの表示はさせていなかったのですが、なぜ?

ちなみに店長Yの場合、新しいお店を作った際にブログなどから特にリンクはしていません、たまにこのブログからリンクすることはありますが稀です。

ツイッターで1,2回つぶやいて相互リンクにならないように既存のお店からリンクして終わりです。

基本的にトップページでSEOしていますのでTOPページのキーワードの出現率、内部リンクは100に近づけ、外部リンクはほとんどない状態にします。

商品数が少ないお店の場合にはTOPページの商品写真ももしもにリンクせずに自サイトに置きます。

これでそこそこ上位表示はするのですが、ああ、やっぱりキーワードの選び方がダメダメです。

う〜〜ん、勉強します!!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク